039887
チョットピックス
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
管理人専用
mail
Title
Comment
Ref URL
添付ファイル
PW (Within8Letters)
KEY No. (Input投稿キー
color

深浦方面 投稿者:Waka 投稿日:2015/07/13(Mon) 21:27 No.686   
最近無性に青森県深浦の方へ行ってみたくなり、
日帰り強行軍ですが行ってきました。
近年はローカル線「五能線」で知名度を上げているところですが
私が学生時代の30年前は本当にへんぴで、きれいな風景以外
何もないようなところでした。

花巻からだと、ルートがいろいろあって、東北道を途中まで北上してから
大館〜能代から入る方法、一気に北上して鰺ヶ沢から南下する方法
などありますが、今回は横手に出て、秋田を縦貫北上するルートをとりました。

改めて訪れてみると、学生時代に行ったとはいえ、つぶさに見たわけではなくて
また興味の対象も違っていたためもあってか、こんなすばらしい場所があるのを発見。

八峰町椿海岸の柱状節理です。
八峰町という町名も昔はなくて、多分、八森町と峰浜村が平成大合併で
一緒になって、切り貼りしたような名前にしたんでしょう。調べてないけど。


Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 21:31 No.687
こういう、幾何学的に美しい地形地質は三陸海岸にはほとんどなくて
なんだかうらやましい。
この日はちょうど沿岸集落の人たちが海岸の清掃をする日で
大勢の人たちが流れ着いたり捨てられたりしたゴミを拾ったり
燃やしたりしていました



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 21:37 No.688
ほら、マグマがどのように冷えて固まったかこんなによくわかる資料は
ないです。
考えてみれば、理屈として理解できるのだけれど、たぶん、
大部分の岩石は不定形(に見える)ことから、こうして大きな単位で
幾何学的な形をしているとおもしろいと感じられるのでしょう
何とも思わない人は、置いておいて・・・

こんな時には超広角14mmの威力発揮です



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 21:40 No.689
それから北上して、深浦に入ったあたりだったか(忘れた)、
雄大な海岸風景にカメラを向けていると、下の道を手をつないだ親子連れが
ちっちゃく見えたのでそれを意識してパチリ。
これなかったら、別にふつうのキレイな海岸風景でした。



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 21:54 No.690
ちょっと飛んで十二湖の一つ、王池。
十二湖は青森を代表する景勝地の一つで、江戸時代の大地震で崩れた
山が川をところどころせき止めたことによってできたらしい。
十二湖と言いながら全部で33の池があって(湖という大きさのものはない)
最も有名なのは「青池」という、本当に水がブルーの池なのだけれど
今回は行かなかった。ちなみに、まわりのうっそうとした木々と一緒に
青池の写真を撮ると、誰でも美しい作品が作れてしまうという、
恐ろしい池です・・・
ここで偏光フィルターなど使おうものなら・・・ひええええ
俺でもプロ級の写真が撮れたぜ!
なんて錯覚に陥ってしまうのだった



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 22:07 No.691
日本キャニオン
十二湖を形成した大規模な地滑り地形の一端を垣間見ることができる。
・・・と書いたものの、以前(若い頃)来たとき、まったく何の興味も湧かなくて
今更ながら面白がって見てみても、地滑り地形の全容がどこからどこまでなのか
短い滞在時間の中では皆目わからないのでした。
多分、2泊くらいして、朝から夕方まで歩き回って少しだけわかってくる、
というような世界なのだと思います



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 22:16 No.692
十二湖から下りて再び海岸へ。
五能線はこんな岩の脇をすり抜けるようにして走っていく。



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/13(Mon) 22:19 No.693
またしても見事な柱状節理。
今度のは細い柱が密集している。
カメラ持った妙齢の団体さん7,8人がジャンボタクシーからわらわらと降りてきて
この岩やとなりの「象岩」(巨大な岩を象に見立てた)を撮りまくっていた



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/14(Tue) 06:33 No.694
その、「じゃま」な人たちを丸ごと被写体にしてしまう、という手も
ありますが、岩に溶け込むような地味色の服ばかりで、
絵的にはイマイチですね



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/14(Tue) 06:36 No.695
以前は遠くから眺めるだけで足を踏み入れるのは今回初めての「行合崎」。
200種類以上の植物相が自然のまま保たれている貴重な場所だそうです



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/14(Tue) 06:39 No.696
行合崎から北の海岸線を眺める。
山の稜線が水平線に没するまでキレイに緩い曲線を
描いている様子に感動



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/14(Tue) 06:50 No.697
今回の終着点、千畳敷。
江戸時代(?)の大地震で海底が隆起し、海だったところが陸になった
という、この海岸。
ここら一帯の海岸線は、大昔の海底隆起が繰り返し、海岸段丘となり
その上に現在人が暮らしているのだそうです。
一方で、日本キャニオンのように大規模な地滑りによって現在もなお
山が低くなりつつある、という特徴を持った地域なんですね

そんなことに思いをはせることがなければ、千畳敷なんてだだっ広い
平べったい礫岩の岸が伸びているだけの、言ってしまえばつまらない場所です



Re: 深浦方面 - Waka 2015/07/14(Tue) 22:04 No.698
帰路はこの思い出の場所に寄りたくて、国道からがわかりづらかったけれど
この、艫作(へなし)駅。全国でも有名な難読駅名。30年前に私が
自転車で旅をしてこの駅舎で1泊したんですね
でもでも、当時はこんな変な飾りなんてなくて、本当に古くからの
素朴な田舎の駅でした。もちろん駅舎はすべて作り替えです。

昔の面影がなくてしばし呆然。

そのあとはひたすら秋田方面へ南下、秋田市内もすっかり変わってしまって
本当は、若い頃の自分がその辺でチャリンコに乗っている錯覚を
見そうな、そんな風景を期待していたのだけれど、完全に裏切られた。

盛岡西口だって、30年ぶりに来れば似たようなものでしょうけど
今回の旅で一番気になったのは、至る所に発電風車があったこと。
原発よりは良いだろと言われたところで沿岸のあっちにもこっちにも
巨大な風車がグルグル回っている姿は完全に風景崩壊です。

その点岩手は発電効率の条件が整わないのか人里近い沿岸に立てられていないのは
救いです。

というわけで、最後にちょっと疲れた旅でした



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -