■ 過去ログ [ 0002 ]
過去ログ:   ワード検索: 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |
昨日 投稿者:Waka 投稿日:2012/07/09(Mon) 21:03 No.1739

昨日、我が家のすぐ近く、車で通りがかったところ
一瞬素敵な光加減になったのですかさずコンパクトでパチリ
(コンパクトって・・・テクマクマヤコン、ではない)

引き続き 投稿者:Waka 投稿日:2012/07/01(Sun) 13:45 No.1734

引き続き昨日のショット。
仙台のベッドタウンだった名取市閖上(ゆりあげ)地区。
日曜の朝市は私も行ったことがありますが、とても良いところでした。
こうしてパノラマにしてみると、ホントに真っ平らで海から遮るものがない
・・・ということは、ひとたび海の水がなだれ込んできたらどこまでも
いくことはよくわかります。元の住宅地の時には誰も気がつかないのでしょうけど

Re: 引き続き - Waka   2012/07/01(Sun) 13:47 No.1735
牡鹿半島からの眺め。すばらしい
Re: 引き続き - Waka   2012/07/01(Sun) 13:48 No.1736
金華山
Re: 引き続き - Waka   2012/07/01(Sun) 20:48 No.1737
そうそう、牡鹿半島は今度の大地震の震源域に最も近いということもあってか
半島道路はいまだに路肩の崩落、亀裂、激しい凹凸が多く残っており、
復旧工事のために片側交互通行も多くてしょっちゅう停められました。
多分地震直後はよほどだったのでしょう
奇跡の一本 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/30(Sat) 22:07 No.1733

前にも出したけど、
午後の光で見栄えが良くなった
(宮古市内)

缶詰 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/30(Sat) 21:43 No.1730

Before

Re: 缶詰 - Waka   2012/06/30(Sat) 21:45 No.1731
After
思いも寄らなかったけど、一週間後に訪れたら、解体直後でした(鯨の解体!?)
Re: 缶詰 - Waka   2012/06/30(Sat) 21:48 No.1732
東北地方では今日ニュースでもやっていました。
やはりインパクトありますもん。
壊れた「鯨」の文字がわかりますよね?
ちょうど昼休み時間だったので、
現場にズカズカ入り込んで写すことができました
上下車線とも通行止めにしていました。
花巻田園地帯 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/28(Thu) 12:40 No.1728

赤外光の花巻田園風景(今朝)。
遠くに薄くもやがかかっていて、遠くの山は薄く輪郭が見えるだけなのに
赤外だと山肌まで見えます
中央奥はかすかに岩手山が見えます。肉眼では全く見えない

Re: 花巻田園地帯 - Waka   2012/06/28(Thu) 12:42 No.1729
フィルター外して可視光(普通の写真)でも撮っておけば良かった
露出は8秒もかけているので、鉄橋を渡っている列車は
消えています。
道路を走る車も同じ
不思議写真 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/25(Mon) 12:49 No.1726

ローパスフィルターをつけたデジカメでもわずかに
赤外域に感光することを利用して、このような赤外線写真が
撮影できます。
可視光線のほとんどをカットする特殊なフィルターと
三脚があればOKです
なにしろ晴天下でもISO感度1600、絞りF4でも1秒の露出が必要です

それにしても人の目には濃い緑の葉が赤外線を反射して
まるで霧氷のようです。
可視光線ではないので「色」はありません

Re: 不思議写真 - Waka   2012/06/25(Mon) 21:31 No.1727
なんだかわかりにくい文ですね。
要するに、ケンコー R−72 なるフィルターをつけて
(特に晴天の日)撮影すると、このように
赤外線の目で見た不思議な風景の写真が撮れるのです。
でも、とても感度が低いので、三脚は必須です。

ということです
シロアリ注意 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/25(Mon) 08:37 No.1725

薪にし損ねて、雨ざらしで放ってあった丸太を割ったら
中から大量のシロアリが!
どこから湧いてくるかと思うほど集中大量発生です。
家がこうなったら怖いですね

宮城沿岸北部をゆく 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/24(Sun) 10:46 No.1724

昨日は1日宮城県沿岸北部を巡ってきました。
自分の日記代わりに書いたので、文章が退屈だと思います。
ヒマな方はどうぞ。チョットピックスへ

(写真は石巻のがれき処理埠頭)

311津波生写真 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/19(Tue) 21:17 No.1721

昨年の津波の生写真を撮影者本人から入手しました。
釜石の湾口防波堤を乗り越えてくるところです。
この第一波はきっと底の泥も混じっていなくて青かったのでしょう。
湾から出るのに間に合わなかった漁船が立ち往生しています。
彼らはこのあと何日か海上待機を余儀なくされたようです。
ところで、撮影者はミサゴの撮影でお世話になった藤原氏です。
彼はこれを写した直後に自転車で必死に逃げて無事だったのですが、
同じ場所で見物を続けていた人たちは流されただろうね、とのこと。
本当にすごいカメラマンです。
前にも書いたかも知れませんが、ウニ漁の舟(マイボート)も流されてしまった。
もうやらないのですか、と水を向けると、初期投資がかかるからなー
回収するには5年くらいかかるからね。5年経ったら、92,3だろ?
あははは・・・ でも、「先が長くないから」とか「あと何年生きられる」
とか、という言い方は絶対にしない。
新しいビデオカメラも欲しいんだけど・・・(先がないからとかは言わずに)
・・・家の改修に金がかかるから、ちょっと無理だなあ、と。
結局、やせ我慢とか心がけとかのレベルではなく、生きる信念。
正直、尊敬しています

梅雨台風 投稿者:Waka 投稿日:2012/06/19(Tue) 20:50 No.1720

台風がこちらに向かっています。
ま、東北は大丈夫だろうと高をくくっていますが

前の「はしり梅雨」の写真の続きで石鳥谷町滝田にて。

この、滝田 という地域は石鳥谷の中でもちょっと特殊な
ロケーションです。
石鳥谷は天下の東北本線の駅がありますが、ココは鉄道駅とは
縁がなく、かといって特別知られた観光名所があるわけでもない。はっきり言って亀ヶ森よりも不便。
でもこうして丹念に歩けばきっと写真をやらない人でも記録に残したくなりそうな
良い眺めがあちこちにあります

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |

- Joyful Note -